未分類

初めてのホテヘルで失敗しない使い方・遊び方【初心者必見】

投稿日:

ホテヘルとは? どんなシステムの店なのか

ホテヘルとはプレイルームを持たないヘルスのこと

ホテヘルというのは店舗にプレイルームが無い風俗店のことを指します。ホテヘルの正式名称はホテルヘルスです。一般的なファッションヘルスは店舗にプレイルームを持ち、店舗の中で受付からサービスまでが完結します。

ただし、ホテヘルは店舗で受付をしてからホテルに向かってそこでプレイを行うんです。

受付後は女の子と一緒にホテルに向かうのが一般的な流れになっていますが、店によっては客が先に指定されたホテルに向かった後少しして女の子が来る場合もあります。

また、ホテルと言うけれどちゃんとしたラブホテルではなく風俗店用に使われている狭いプレイルームという場合もあるんです。ラブホテルが少ない地域はプレイルームになりがちなんですよ。

ホテヘルとデリヘルの違いは利用方法

デリヘルも「プレイルームを持たない風俗店」ですよね。ホテヘルと何が違うんだ! と思うかもしれませんが、ひとつ明確な違いがあります。

それは「店舗を持つかどうか」です。ホテヘルは受付のみの実店舗があります。デリヘルは電話やインターネットのみで受付を行っており、実店舗が全くありません。この点が異なります。

ちなみに、デリヘルにもホテヘルのように「女の子と一緒にホテルに行ける」待ち合わせ型というものが存在するんです。これは指定された待ち合わせ場所に女の子が来て、そこからホテルに向かうというタイプ。

ホテヘルに行きたいけど活動範囲内にデリヘルしかない、という場合は待ち合わせ型を探してみてください。

ホテヘルは本番禁止

風俗店を初めて利用するときに気になることと言えば、「本番はできるのか!?」ということですよね。

ホテヘルは本番禁止です。店の規則なんですよね。それに、そもそもホテヘルやデリヘルなどの風俗店での本番行為は売春防止法で禁止されています。店舗側が「本番できますよ!」としてしまえば管理売春などの名目で風俗店経営者が逮捕されてしまう可能性があるんです。

ただ、ホテヘルは女の子がどんなサービスを行っているのかを店側が感知しにくくなっています。

店舗型のファッションヘルスは監視カメラまたは監視用の小窓でチェックできますが、ホテヘルは無理ですからね。

そのため、女の子が独断で本番行為を行うことはホテヘルではよくあることです。本番行為に際して追加料金を要求してくる「円盤」、追加料金なしで本番させてくれる「基盤」とがあります。

ただし、客側から本番行為を強要した場合は利用禁止などの措置がとられる危険性があるので絶対にしないようにしてくださいね。

ホテヘルのサービス内容はあくまでも「フェラ」「手コキ」「素股」などの本番行為以外の性的サービスですから。

ホテヘルの魅力は「恋人感」と「不倫感」にあり

ホテヘルの魅力は何?

そう聞かれた場合、僕は「恋人感」と「不倫感」だと答えます。

多くの場合、ホテヘルでは女の子と一緒にホテルまで行くんです。エレベーターなどの店の入り口で出会って一緒に腕を組みながらお話なんかしちゃったりして、そのままホテルに入っていざ性の世界へ…。

この「デート終わりにホテルに寄った感じ」がいいんですよね。

人妻店なら不倫感覚、それ以外なら恋人感覚を味わえます。

初めてでも失敗しないホテヘル選び5つのポイント

ポイント1.客引きにはついていかない

ホテヘルの客引きは他の風俗店に比べたら少ないですが、たまにやっているのを見かけます。

路上などにボーイが立って「いい女の子いますよ!」なんて声をかけてくるんです。付いていくと店舗で写真を見せてもらえたり、店舗が入っているビルの階段下でこっそり写真を見せてきたりします。

だけど、客引きにはついていかないほうがいいんです。

客引き好意は風俗営業法(風営法)や迷惑防止条例に違反しているんですよ。風営法の場合は第22条に客引きは禁止するという旨がしっかり書かれています。

違反行為を堂々と行う店がまともなわけがありません。

また、客引きをする店は客が少ない可能性が高いです。人気がなくて客が少ないから違法だと分かっていても客引きをして人を集めるしかない、ということですからね。

客引きはまともな店はやらないし、人気店はやらないんです。覚えておきましょう。

ポイント2.ホームページがある店を選ぼう

ホテヘルにはホームページが無い店舗もあります。

僕がまだ風俗初心者だった頃に客引きに連れられて行った店、店名を調べてもホームページが出てこなかったんですよねえ。案内所で勧められた店もホームページが無かったことが一度だけあります。

ホームページが無いということは「広告費用・宣伝費用をケチってる」ということです。つまり、客が少なくお金がないということが予想されます。

さらに、ホームページが無い店は女の子も応募しにくいです。ホームページが無ければ求人サイトにしか求人を出さないことになるため、人目に触れる機会が減ります。そして、ホームページが無ければどんな店かがわからないから求人を見たとしても応募しにくいんです。

あまり良い女の子がいないのではないかということが予想できます。

そのため、ホームページの有無はしっかりチェックしておきましょう。

ポイント3.女の子の写真に統一感がある店を選ぼう

ホテヘルのホームページを見ていると、掲載されている女の子の写真に全く統一感が無いケースがあるんですよ。私の経験上、こういう店は避けるべきです。

「衣装がバラバラ」「背景がバラバラ」「アングルがバラバラ」「映っている部位がバラバラ」などに当てはまるのが写真に統一感が無い状態と言えます。

統一感が無い店は避けるべき理由は、「ネットの拾い画像を無断使用している可能性が高い」ためです。

キャストの写真というのは同じカメラマンが同じ場所で撮影しています。専属のカメラマンを雇うことが多いんですよ。カメラマンが同じなら当然のように「撮り方」が似てきます。アングル、角度、映す場所全てがバラバラになることはありません。

さらに、撮影スタジオも店によって決まっていることがほとんどです。スタジオを持たない店の場合は店舗内で撮影する傾向があります。どちらにしても「多くの写真で背景が同じになる」んですよ。

だから、女の子の写真に統一感が無い店は「ネットの画像で誤魔化している可能性が高い」んです。もっと言えば「存在しないキャストをネットの画像を使って在籍しているように見せている」ケースもあります。

どちらにしろ、写真に統一感のある店を選ぶべきです。

ポイント4.ボーイの対応が良い店を選ぼう

私の経験上、良い店はボーイの対応が優れていることが多いです。

考えてみれば当たり前なんですよ。風俗店は「人と人との触れ合いをサービスとする店」です。当然ながら接客の重要度が高くなります。しかも、ボーイというのは店を利用するときに最初に接することになるスタッフです。

ボーイの接客態度が悪いということは「接客の重要度を理解していない店」ということになります。

そういう店は女の子に対しても接客の重要性を説くことができません。そのため、女の子の接客態度もまた悪くなる可能性があるんです。

また、店のシステムなどの説明はボーイから受けることになります。接客態度が悪いとシステムも伝わりにくくなりますし、面倒ごとが多いんです。

だから、ボーイの対応が良い店を選ぶべきなんですよ。

ポイント5.ジャンルやコンセプトから店を選ぼう

ホテヘルには店によってさまざまなジャンルやコンセプトがあります。

ジャンルというのはたとえば、「人妻」「若妻」「女子大生」「ぽっちゃり」など女の子のステータスによるものです。どれくらいの年齢・体型が好きなのかによって、選ぶ店が変わってきます。ぽっちゃり好きならぽっちゃり専門店のほうが選べるキャストの幅が広くて楽しいですよ。

コンセプトというのは「夜這い」「痴漢」などプレイ内容を限定する基準のようなものです。人妻店でも「人妻夜這いヘルス」もあれば「人妻不倫ヘルス」もあるということですね。

自分の性癖にあったジャンル・コンセプトの店を選ぶことで、自分にとって当たりの店を引きやすくなりますよ。

失敗しない女の子選びのポイント

ポイント1.初めての店はパネル写真で選んだほうがいい

風俗店を初めて利用する人には「最初から目当ての女の子を決めておいた方がいい」と語る人が多いです。

ただ、個人的には「初めての店はパネル写真で選んだほうがいい」と考えています。というのも、ホームページの写真だと顔のぼかしが入っていることが多いんですよ。身バレを防止しているためぼかしを入れるんです。

それでも店のパネル写真だとモザイクが取れていることがあります。手で口元を隠すなどのぼかし方だと店でもホームページでも同じですけどね。

モザイクが無い分、その人が本当にタイプかどうかがわかりやすいんです。だから初めてのホテヘルの場合はパネル写真で女の子を選ぶことをおすすめします。

ポイント2.ランキングに惑わされないほうがいい

ホテヘルのホームページなどを見ていると、ランキングが掲載されていることがあります。

大抵は「月間指名ランキング」と「月間本指名ランキング」とで分かれているんです。本指名というのは「リピート指名」のこと。本指名ランキングが高い人はリピーターが多いということになります。

ただし、リピーターを既に大量獲得している女の子はこれ以上リピーターを増やそうとはしません。慢心していたり「これ以上増えると面倒だ」と思っていたり理由はさまざまです。

リピーターを増やそうとしていない人はプレイにも真剣味がありません。少なくとも、リピーターが欲しいと野心メラメラの人よりはプレイが適当になります。

だからランキングに惑わされないほうがいいんです。

ポイント3.写メ日記の更新頻度をチェックしよう

風俗店には写メ日記というものがあります。

シティヘブン、ぴゅあらばなどのサイトで掲載されている女の子のブログです。これは女の子によって更新頻度が全く異なります。写メ日記をしていない女の子もいますし、1日何件も更新する人もいるんですよ。

経験上、写メ日記の更新頻度が高い人の方が当たり率が高いです。要は「マメ」ということですからね。マメにまじめに仕事をすることができる人だから、サービスも自然と良くなるということです。

それに、写メ日記というのは基本的に店側は「なるべく更新するように」と言い聞かせています。それなのに全く更新しないということは何か理由があるはずです。写メを投稿すれば体型を隠しているのがバレるとか、性格が悪いのがバレるとか…。

だから写メ日記の更新頻度をチェックすることが重要なんですよ。

ポイント4.写メ日記の内容をチェックしよう

写メ日記は更新頻度だけではなく、内容も重要です。

写メ日記の内容を見れば、その人がどのような人かがなんとなくわかります。

写真はパネル写真よりもキツめの加工をしているケースもありますが、その分パネル写真よりも顔の映し方が大胆になっていることがあるんです。加工ありとは言っても隠せない部分はありますし、雰囲気はなんとなく知ることができます。

さらに、写メ日記の写真内容と文章も見ておきましょう。

自分の写真じゃなくてインスタグラムのように食べ物や風景などの写真ばかり挙げている人は、あまりおすすめできません。風俗店に求められるのはどんなことなのかを理解していないと考えられますから。そういう人はサービスも的外れになってしまっている可能性が高いです。

文章もあまりにメンヘラぽいとか、あまりに硬すぎるとか、自分の好みの性格かどうかを判断する良い材料になります。

写メ日記は女の子の素に近い部分を知れる良い判断材料というわけです。

ポイント5.ウエストは60cm未満・以上かをチェックしよう

風俗店ではスリーサイズのサバ読みは当たり前のように行われています。

このとき最もサバを読まれやすいのがウエストです。ぽっちゃり好きの人以外はなるべく細身な人が良いだろうと考えられているため、ウエストを過少申告することが多いんですよ。

サバ読みが基本という中で、ウエスト60cmオーバーなら「ぽっちゃり」というのが通説になっています。

実際の女の子のウエストで60cmくらいなら全然太っていないんですけどね。風俗店というのは世間一般の男性が抱く女性像というのを大事にしています。男性向け商売なのでそれは当然のことです。

世間の男性は「女性=ウエストが細い」というイメージがあります。そして、ぽっちゃり好き以外は「細い人を好む傾向がある」わけです。

そこで風俗店のスタッフは「ウエストが細い人はより細く記載する」「ウエストが太い人もなるべく細く記載する」というサバ読みをするようになります。そのときの基準になっているのが「太っている子を60cm以上にする」ということです。

ぽっちゃりが好きなら積極的にウエスト60cmオーバーで記載されている女の子を選び、細めが好きならそれより細く記載されている女の子を選びましょう。

ポイント6.女の子によって可能プレイ内容が異なるので注意しよう

ホテヘルの基本プレイは「フェラ」「全身リップ」「手コキ」「キス」などどこも同じです。

ただ、女の子によっては「フェラNG」「キスNG」という場合があります。基本プレイすらもNGにしている女の子は客としてはかなり面倒です。避けた方が良いと思います。

また、基本プレイ以外のプレイの可否もしっかりと見ておきましょう。

人によって「即尺」「AF(アナルファック)」「口内射精」などの可否が変わりますから。

女の子の可能プレイ内容は、ホームページの女の子紹介ページに記載されていることがほとんどです。しっかりとチェックしておきましょう。

ポイント7.口コミを真に受けないようにしよう

ネット上にはホテヘルの口コミがゴロゴロ転がっています。爆サイとかホストラブとかの掲示板には「大阪の風俗店掲示板」などのように地域ごとに掲示板があり、さらにその中に店舗ごと・女の子ごとのスレッドが立っているんですよ。

ただし、こういう口コミは全然あてになりません。

お気に入りの女の子に他の客が群がるのが嫌だから敢えて叩いている場合もあれば、同じ店で働く風俗嬢が人気嬢をけなすために書き込んでいる場合もありますから。それに掲示板の口コミはネガティブな情報で盛り上がることが多く、ポジティブな情報はほとんど得られません。

掲示板の口コミよりも自分の直観を頼りましょう。

【実録】ホテヘルの遊び方・遊びの流れ

店の予約は必須ではない

私がホテヘルを利用するときは、予約はしないことが多いです。店への予約は必須ではありません。ホームページに記載されているマップなどを参考にして直接店に行き、「今いける女の子は?」と聞いて利用するのもありです。

私はその方が楽しいので、この日も予約をせずに行きました。

飲んでいたら突然行きたくなることが多いんですよね。ブレスケアを買ってしっかり食べて、ネットで良さそうな店を探します。店に向かいながらスマホで店の女の子の写メ日記なんかをチェックするのが楽しいんです。

店に行ってプランと女の子を選ぼう

店に入ったら、まず予約の有無を聞かれます。受付は互いの顔がフルオープンになっている店もあれば、手元以外は壁で覆われていて互いに顔が見えない店もありますよ。どちらが良いかは「風俗を利用するのが気恥ずかしいかどうか」によります。

個人的には顔が見えるほうが好きです。相手の反応を見て「この子をおすすめしてるけど、本当におすすめなのか?」ということを探りたいんですよ。

「予約はしてません。パネル見て選びたいんですけども」

そう言うとボーイは「何分コースにしましょう?」と言ってくれます。受付に置かれている料金表を見て時間を選びましょう。

この日は90分コースにしました。

ホテヘルは最短60分が基本です。ただ60分を基本コースとしている店はあまりなく、60分はあくまでもお試しコースという位置づけになっている傾向があります。その店のサービスの神髄を知りたいのであれば60分コースより一段階または二段階長めのコースを選ぶべきです。

時間が長い方が女の子の稼ぎも高くなるため、女の子もサービスに気合が入ります。

この店では90分コースが3番目に長いコースでした。

あとは女の子を選ぶだけです。ボーイが「今対応可能な女の子」のパネルを見せてくれます。パネルには写真だけじゃなくて年齢・スリーサイズ・カップ数などが書かれていることが多いです。店によっては女の子ごとに指名料金が異なる場合があり、指名料金がパネルに記載されているケースもあります。

この日は「おっぱいを揉みたい! おっぱいに顔をうずめたい! 癒されたい!」という一心でGカップの人妻を選択。

料金を支払ったら案内番号が書かれた札を渡されるので、待合室で待ちます。

女の子と一緒にホテルへGO!

待合室には漫画が置かれていることが多いです。これは完全に個人的な経験に基づく統計でしかありませんが、なぜかホテヘルの待合室には『カイジ』など福本伸行の漫画や、ヤンキー漫画などが多い印象があります。

待合室で漫画を読んだり指名した女の子の写メ日記を読んだりして待っていると、ボーイに番号を呼ばれるんです。

このとき、女の子はすでにエレベーターなどの店の入り口となるところで待機しています。合流して「こんばんは」なんて挨拶を交わしたらあとは会話を楽しみながらホテルに向かうだけです。

エレベーターでいきなり腕を組んだんですが、Gカップの柔らかさが腕に…! この時点で既にビンビン元気マックスです。仕事の話とか「今日は何してたの」という話とか他愛のない話をしたら、ホテルに到着。

ちなみに、女の子によってはホテルに向かう途中で自販機に立ち寄り、何かドリンクをおごってくれることがあります。

女の子によって違うサービスの流れを楽しもう

ホテルに入って荷物を置いたら女の子が店に「入りました、〇〇号室です」と報告をし、タイマーをセットします。さあここからサービス開始です!

時間が長いときには湯船にお湯をはりながらソファやベッドでお喋りをします。このとき既に内ももをさすってきたり、乳首を責めてきたり…客のテンションを上げてくれるんですよね。

もちろんサービスの流れは女の子によって異なります。「この子はどんなサービスをしてくれるんだろう?」なんて考えるのもワクワクしますよねえ。

この日は体を洗ってもらう最中から既に乳首舐めをしてきたり、フェラしてきたりかなり積極的なサービスを楽しめました。おっぱいの大きさを活かしておっぱいで洗ってくれたり、密着してくれたり…。

湯船にゆっくりつかったら綺麗に体をふいて、ベッドで待機。しばらくすると女の子もベッドに来て…ここからは全身リップからのフェラ、素股などさまざまな攻撃をしかけられ、絶頂に誘導されます。

女の子によって微妙に異なるサービスを、その日その時の一瞬を楽しみましょう!

サービスが終わったら解散して余韻を楽しもう

無事絶頂を迎えてタイマーが鳴ったらシャワーを浴びて解散です。

このとき店舗の近くまで一緒に歩いてから解散になることもあれば、女の子だけ先にホテルを出て解散になることもあります。私はより恋人らしく不倫らしく楽しむために、敢えて「今日はこれから用事があるからここで!」と途中で別れることが多いです。

あとはもう、余韻を楽しむだけ!

「今日は最高だったなあ」「いいおっぱいだった」なんて感傷に浸りながら帰路についたり飲み直したり、どこかで一服してみたり…。

余韻も自分なりに楽しめるようになったら一流のホテヘルマスターです。

初めてのホテヘルを、精一杯楽しんでみてください。

ここから先はメンバー限定です。

メンバー加入の方法はこちらをご覧ください。

-未分類

Copyright© 風俗レポートでキャッシュバック , 2019 All Rights Reserved.